TEL

Blog記事一覧 > 坐骨神経痛,症状別 > 座骨神経痛:宇都宮市の宇都宮整骨院/鍼灸院

座骨神経痛:宇都宮市の宇都宮整骨院/鍼灸院

2016.11.15 | Category: 坐骨神経痛,症状別

当院で1番多い症状である、

座骨神経痛について。

 

座骨神経痛とは、

 

腰から足にかけて伸びている【坐骨神経】が様々な原因によって圧迫・刺激されることで現れる痛みや痺れのこと。

 

本日は、座りっぱなしで痛みが強くなってくる場合の座骨神経痛についてです。

 

狭義的には、歪みや筋硬結による神経の圧迫ということが多いですが、

MPS(筋筋膜性疼痛症候群)の考え方からいうと、

筋肉が原因で、それによる関連痛という考え方をします。

 

つまり、座骨神経痛は、神経の圧迫ではなく、

筋肉の症状による関連痛(筋肉が原因で出る痛みなので、直接そこが悪いというわけではない。)ということです。

 

MPSのメイン治療は、

トリガーポイント治療と言われ、

痛みの引き金となっている筋肉を見つけ、その筋肉の中でもポイントを探して

そのポイントに対しての施術になります。

 

座りっぱなしで臀部周辺の痛みが強くなる場合は、

臀部周辺の

【中臀筋】

という筋肉が原因となっていることが多いです。

SCAN IMAGE

SCAN IMAGE

この症状が出ているから、この筋肉をアプローチする

という診断をきちんと行うことにより、

早期改善に導きます。

 

座骨神経痛でお困りのあなた。

宇都宮市の宇都宮整骨院/鍼灸院でしっかりとした診断や治療を受けてください。

当院へのアクセス情報

所在地〒321-0112 栃木県宇都宮市屋板町1085-1
駐車場8台あり
電話番号028-307-4563
予約予約優先制(電話予約)
休診日水曜午前・日曜・祝日