TEL

Blog記事一覧 > 症例 > 症例報告:腰痛(座骨神経痛)

症例報告:腰痛(座骨神経痛)

2017.11.13 | Category: 症例

今回は腰痛の中でも、しびれを伴う症状、すなわち座骨神経痛です。

 

腰痛があり、座っている時間が長くなると足全体に痺れが出てくるという方。

特に痺れは後面〜側面に出るということです。

 

この場合、後面から側面の痺れということで、腰の3番目〜5番目の骨から出ている神経の問題があるという判断をいたしました。

腰と足の症状ですが、背中や首肩周りの状態を見させていただき、腰に関係のある肩や背中のツボに施術しました。

また、痺れの出ている場所の関係する足首周辺のツボを使い施術を行ったところ、一回で症状が治まりました。

 

座骨神経痛は、腰からでている神経が筋肉や関節など何らかの原因により圧迫されることによりお尻や足に痺れが出る症状のことを指します。

痺れの出ている場所や、なぜ痺れが出てしまったのかの原因が特定されることにより施術を簡単に行うことができます。

 

レントゲンに写らないが痛みが強く痺れるという方はたくさんいらっしゃいます。

それは、神経がどれくらい圧迫されているかによります。レントゲンに写らない状態の神経痛でも、症状が出ている際はどこかが悪くなっており、原因を特定する必要があります。

 

そのまま放っておくと症状は良くなるどころか麻痺などひどくなってしまいます。

お早めにご自分に合う治療を見つけていただき、症状を改善してください。

当院へのアクセス情報

所在地〒321-0112 栃木県宇都宮市屋板町1085-1
駐車場8台あり
電話番号028-307-4563
予約予約優先制(電話予約)
休診日水曜午前・日曜・祝日