TEL

Blog記事一覧 > 症例 > 症例報告:突発性難聴

症例報告:突発性難聴

2017.11.16 | Category: 症例

突発性難聴について

 

20歳女性、実家から離れて暮らしていたが、仕事のストレスにより急に耳が聞こえなくなり実家に戻ってきたため、近隣である当院に来院。

1年前からまったく音が聞こえなくなり、問診も筆談しながら行う。

 

病院では、2週間のステロイド薬処方のみで、症状は変わりなかった。

当院では首の動きや脈を見ながら、どこが悪いために難聴になってしまったのか判断する。

 

この方は、首の動きで耳の子守間の変化があった方なので、首回りに原因があると推測。

首回りには耳につながっている神経や自律神経のツボなどもあり、突発性難聴の時には首の治療はとても大切になる。

一回目の治療後には何も変化がなかったが、二回目来院時にはテレビの音が聞こえるようになったとのこと。

継続的に六回ほど治療を行い、完治した症例です。

生活指導としては、大きい音を聞かない、首回りを温めるなど。

 

この方は最初の診断がうまくいった例であり、首回りの治療がしっかりと効いた方でした。

全ての方が首が原因ではなく、体を全体的に見させて頂かないといけない場合も多いです。

 

1年前の難聴でしたので長くかかるかと思ったが、年齢的なものもあり早急に改善した例でした。

当院へのアクセス情報

所在地〒321-0112 栃木県宇都宮市屋板町1085-1
駐車場8台あり
電話番号028-307-4563
予約予約優先制(電話予約)
休診日水曜午前・日曜・祝日