TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 妊娠中の症状の記事一覧

妊娠悪阻(つわり)の鍼灸治療|宇都宮整骨院/鍼灸院

2017.06.07 | Category: 妊娠中の症状

つわりについて

 

つわりは、妊娠初期に起きる吐き気や嘔吐、食欲不振、飲食物の嗜好の変化などのことを言います。つわりの期間としてはだいたい5週目から16週頃までと言われておりますが、長い方だと30週前後まで見られる方もいらっしゃいます。つわりの原因は未だにはっきりしていませんが、妊娠によるホルモンバランスの変化や乱れが考えられております。つわりが重症化すると、1日に何度も嘔吐を繰り返し、そのため胃が荒れ、起き上がるのも困難になります。症状が辛くても、この時期は薬の影響が受けやすく、薬は飲めません。病院では点滴が行われ、脱水症状などを防ぎます。この状況でも鍼灸治療を行うことにより、つわりの軽減が可能です。つわりの主症状である吐き気や嘔吐の軽減ができると、日常生活の行動ができるようになります。手や足、お腹のツボに鍼やお灸を行い、全身の血流を良くし、自律神経を整えていくことで、ホルモンバランスを整え症状を軽減していきます。しかし、デリケートな時期ですので、鍼灸治療が原因で流産しないとは限りません。この時期に刺激してはいけないツボや部位を避けることでリスクは減らすことは可能です。もし心配でしたら担当のお医者様にご相談ください。

 

私自身も妹や妻のつわりを経験し、本当に辛そうな状態を何ヶ月間も目の当たりにしてきました。その経験から、つわりの治療の重要性がわかりました。これから生まれてくる赤ちゃんのためにも、お母さんの体調を整えることが大切です。悩んでいる方はまず当院にご相談ください。外出がお辛い方には距離によっては往診も行います。女性鍼灸師もおりますので、ご安心ください。

妊婦さん治療 宇都宮整骨院/鍼灸院

2017.01.25 | Category: 妊娠中の症状,症状別

妊婦さんのお悩みはとても多いですね。

つい先日、私の妹も無事出産を迎えました!

新しい命が生まれるって、本当に感動的です。

 

宇都宮整骨院/鍼灸院は、頑張る女性を応援する治療院です!

主に、

●不妊治療を受けているがなかなか恵まれない方

●妊娠中の腰痛・頭痛・むくみ・つわり・逆子・精神的不安

●産後2ヶ月以降の腰痛・頭痛・むくみ・痩せにくい

 

このような方が多く来院されております。

 

その中でも、本日は妊婦さん治療(マタニティー整体)についてです。

 

妊婦さんの悩みは、上記にもあげたように、

腰痛、頭痛、むくみ、つわり、逆子、精神的不安の5つが多いです。

 

これらの原因は、卵巣ホルモンのリラキシンが原因になっております。

リラキシンとは、全身の関節を緩めてしまうホルモンです。

関節を緩めると聞くと一見良さそうですが、関節が緩み過ぎてしまうと、

その周りの筋肉で補わないといけないため、筋肉の疲労が強くなってしまいます。

疲労がたまると筋肉が硬くなり、コリやむくみに繋がってしまいますので、

上記の5つの症状が出やすくなります。

 

妊婦さんの治療の目的としては、

①筋肉の疲労を取り除く

②体内の血流を良くする

 

この2点を重要視します!

 

この2つを改善することで、5つの症状も緩和しますし、出産に向けて、また出産後に健康なお身体でいるための準備をさせていただきます!

当院の治療は、妊婦さんに合わせて赤ちゃんにもお母さんの体にも優しい特別な治療を取得しておりますので、

安心して治療を受けていただけます。

 

妊娠中は、痛みや悩み、色々な不安があると思います。

私は心も体も安らげる空間を作れればと思っておりますので、

お気軽に当院にいらしてください。

当院へのアクセス情報

所在地〒321-0112 栃木県宇都宮市屋板町1085-1
駐車場8台あり
電話番号028-307-4563
予約予約優先制(電話予約)
休診日水曜午前・日曜・祝日