TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 自律神経失調症の記事一覧

自律神経の乱れには、背中をほぐせ:宇都宮整骨院/鍼灸院

2018.02.05 | Category: 症状別,自律神経失調症

自律神経の乱れには、背中をほぐせ

 

このタイトルに込められた思いとは

当院には、とても多くの患者様がいらしていただいております。

肩こり、腰痛、頭痛、めまい、耳鳴り、突発性難聴、不眠、うつ、パニック障害……

これらの症状に共通するものは、【自律神経の乱れにより出る】ものです。

これを、肩こりのみで捉えてしまい肩こりの治療だけ行っていても、その時は良いのですがまた繰り返し肩こりに悩まされてしまいます。

固いですねと言ってその特定部位をほぐすのでなく、その症状がどこが原因で出てきているのかを判断できると、繰り返す症状に悩まなくなります。

 

ストレス社会

現代社会はストレス社会とも言われるくらい、どこにでもストレスがあります。

●人間関係のストレス

●時間のストレス

●お金のストレス

など、その方がどこでストレスを受けるかは様々ですが、ストレスがない方はいないと思います。

ただ、ストレスを受けてもストレスと思わないようなコントロールが上手い方はいると思います。

一番心配な方は、ストレスを感じないと言っているが本当は感じている方や、肩こりなど感じたことがないと思っていて美容室などで肩が固いと言われている方は、【自律神経失調症予備軍】ですので注意してください!

 

ストレスを受けることによって体にどんな変化があるか?

ストレスが体に与えられることにより、まずは血管が収縮し血流が悪くなります。

よく聞く言葉で、【頭に血が上り血管が切れそうになる=血管が収縮し血圧が上がる】

ということです。

●血流が悪くなり筋肉が硬くなる→肩こりや背中のコリが出る→頭痛・不眠などの症状が徐々に出てくる→うつ・パニック障害になる

この流れが多いです。この流れをどこでせき止められるかが大切になります。

 

では本題の【背中をゆるめろ】という意味ですが、

●背中には自律神経が関係する内臓のツボが沢山ありますので、背中が硬くなることにより、内臓の動きが悪くなります。結果的に自律神経の乱れが起こります。

●背中と首回りの筋肉は繋がっており、首回りにある脳につながっている神経が圧迫され通りが悪くなることにより、自律神経がうまく働かない。

●自律神経に関わる脊髄が、首から腰まで伸びているため筋肉が硬くなることにより自律神経の働きが悪くなる。

この3つが大きいです。

 

背中を緩めるには、

①姿勢に気をつける

②温める

この2つを心がけていただければと思います。

 

自分で行うことにも限界はあります。

重い症状になるにつれ、早めに治療しないと悪化してしまうケースが多いので、早めにご来院できる場合はおはやめに宇都宮整骨院/鍼灸院までいらしてください。

頭痛:宇都宮整骨院/鍼灸院

2018.02.05 | Category: 症状別,肩こり,自律神経失調症

頭痛は、現代人の悩みでもとても多い症状です。

日本人の3人に1人、3000万人の方が悩んでおります。

頭痛は、軽い症状のものから重い症状のものまであり、軽く考えている方も多いと思いますが、放っておくと怖い症状でもあるので、注意が必要です。

 

頭痛の種類

主な頭痛として、

①偏頭痛

②緊張型頭痛

があります。

頭痛の原因はなんでしょうか?

①偏頭痛の原因としては、なんらかのきっかけにより血管が広がる(拡張)ことによって起こり、

②緊張性頭痛の場合は、首回りの筋肉が硬くなることによりその周辺の神経が過敏になり頭痛を引き起こします。

この二つの判別の仕方としては、

①偏頭痛の場合は、血管が拡張しているので【ズキズキする】ことが多いです。

②緊張型頭痛の場合は、血管が収縮し血流が悪くなっているため、【重苦しい】ことが多いです。

このうちの②緊張性頭痛は、当院でも多い症状なので、これから説明していきます。

 

緊張性頭痛

緊張性頭痛は、首の筋肉の緊張している場所により頭痛の出る場所が違います。

●首の後ろ側の筋肉が緊張することにより、後頭部の頭痛が出ます。

●首の側面の筋肉が緊張することにより、側頭部の頭痛が出ます。

●首の前側の筋肉が緊張することにより、前頭部の頭痛が出ます。

 

このように、ゾーン分けすることができます。

 

筋肉の緊張による頭痛なので、原因となっている筋肉の硬さを取ってあげることにより、頭痛も緩和していきます。

まず自分でできることとしては、【温める】ことです。

筋肉は血流が良くなることにより栄養され、硬さが取れていきます。

なので、お風呂で温めたり、カイロで温めたり、ストレッチしたりと、自分でできる血流を良くする事をしてみてください。

※偏頭痛の場合は、血管が拡張し血流が良くなりすぎて頭痛になっているため、温めると頭痛が強くなってしまい逆効果になります。くれぐれも偏頭痛と緊張型頭痛の判断を間違えないでください。

温めても筋肉がほぐれない場合もありますので、その場合は、鍼灸治療を受けてみてください。

鍼灸治療の効果としては、血流を良くし、筋肉を緩める作用があります。

頭痛との相性はとても良い治療法ですので、薬をなかなかやめられない方、自分でケアしても頭痛が取れない方などは、当院にご相談ください。

不眠症:宇都宮整骨院/鍼灸院

2018.02.05 | Category: 症状別,自律神経失調症

不眠は、現代社会の悩みの中でもとても多い症状です。

日本人の5人に1人が不眠になっているという統計も出ているくらい、多くの方が悩まれております。

10代の方はそれほど多くはなく、20代以降から増えていき、年齢を重ねるにつれて増えていきます。

 

不眠は4つの種類に分けることができます。

①入眠障害→なかなか眠りにつけない

②中途覚醒→眠ることはできるが、途中で起きてしまう

③早朝覚醒→寝ることはできるが、朝早く起きてしまう

④熟眠障害→浅い眠りが続き、深い眠りに入れない。夢を見ることが多い

 

では、不眠の原因はなんでしょうか?

●環境が変わったことによるもの

●ストレスによるもの

●生活習慣によるもの

 

この中でも、当院に関係する

●ストレスによるもの

の解説をしていきたいと思います。

 

ストレスによる不眠とは

主に、中途覚醒と熟眠障害の場合が多いです。

ストレスは主に、人間関係のストレスが多く見られます。

日中に、仕事や人間関係のストレスがかかると、昼と夜のバランスが崩れ、夜寝るときにリラックスできずに眠ることができなくなります。

このストレスが自律神経のバランスを崩すことにより、自律神経の乱れが起こります。

自律神経は、【交感神経】と【副交感神経】に分けられており、それぞれ日中と夜にバランス良く働いています。

しかし、自律神経が乱れることにより、日中に必要な交感神経がうまく働かず副交感神経が働いてしまうことにより、日中のだるさや眠気などが出てしまいます。

反対に、夜寝るときに必要な副交感神経がうまく働かなくなり交感神経が働いてしまうと、寝付きが悪く、寝ても途中で起きてしまい不眠症になってしまいます。

 

この状態のときに一番のポイントになるのは、【背中】の硬さです。

首や肩こりも見られますが、自律神経の乱れによる不眠の場合は、背中にコリとして出る場合が多いです。

背中には、内臓のツボがとても多くありますし、自律神経の中心である脊髄も通っているところですので、とても影響があります。

 

不眠の場合、まずは首・肩・背中まわりを温めていただき血流を良くし筋肉のコリを取っていく。

リラックスした状態を作ることができればとても良いです。

お風呂につかり何も考えない時間を作ったり、寒い時期にはホッカイロを張ることなどでもいいですね!

 

もし、それでも変化がない場合は、鍼灸治療を試してみてください。

鍼灸には、血流を良くする効果、筋肉を緩める効果があります。

不眠や自律神経失調症などにとても効果的で、当院にはたくさんの方が来院されております。

早ければ1回目の治療でも効果はわかっていただけますので、お気軽にご相談ください。

更年期障害:宇都宮整骨院/鍼灸院

2018.01.25 | Category: 症状別,自律神経失調症,鍼灸

冬なのに、手や顔の火照りが出る

なんだか体がだるい

肩こりや腰痛がひどくなった

めまいや耳鳴りがある

 

こんな症状ありませんか?

 

40代から50代の女性で、このような症状が出てきている方は、更年期の症状が出てきているかもしれません。

 

更年期障害は、自律神経の乱れ・ホルモンバランスの乱れだと言われております。

自分のことや子供のこと、人間関係や仕事のストレスなどが体に負担になることにより、自律神経に負担がかかります。

自律神経のバランスが崩れると、血流が悪くなったり、リラックスしたいけどできなかったり、やる気が出なかったり。

結構、普段の生活に支障が出てしまいます。

 

更年期障害で鍼灸治療を受けている方もとても多いです。

ストレスがかかると、リラックスできず、緊張状態が続きます。鍼灸では、筋肉または神経に働きかけ、血流を良くし、強制的に体のリラックス状態を作ります。

リラックスできた状態が長く続けば、自律神経が安定した証拠です。

 

まずは、ストレスがかからない生活を目指すことが一番ですが、ご自分の力ではなかなかどうにもできない場合は、一度ご相談ください。

突発性難聴:宇都宮整骨院/鍼灸院

2018.01.15 | Category: 症状別,耳鳴り 難聴,自律神経失調症

突発性難聴になりやすい5つのこと

 

①食事

 

食生活の乱れが、突発性難聴を引き起こす可能性があります。

食事の時間が不規則な場合、偏った食事など

 

②運動習慣

 

運動を全くしないと突発性難聴になる可能性が高くなります。

耳や首肩周りの血流が悪くなることにより、引き起こされます。

 

③飲酒

 

アルコール類も、あまり良くないです。

血流を促進させますが、覚めた時にとても冷えてしまいます。

 

④タバコ

 

タバコは、血管を縮める作用がありますので、血流が悪くなりやすいため、悪化する要因です。

 

⑤ストレス

 

ストレスもタバコと一緒で血流が悪くなりやすい要因です。

筋肉も硬くなりやすく、自律神経の乱れが起こり、突発性難聴の引き金になります。

 

これら5つの要因により、突発性難聴が引き起こされます。

全てに共通していることとして、

[血流]が悪くなる。

 

特に当院の考え方としては、首や肩周りの血流が悪くなると良くないという考えです。

耳に負傷がある場合は、首肩周りを血流を良くし、予防してください。

突発性難聴:宇都宮整骨院/鍼灸院

2018.01.12 | Category: 症状別,耳鳴り 難聴,自律神経失調症,鍼灸

突発性難聴について

突発性難聴と言われる疾患は、耳の中でも[内耳]と言われる鼓膜の奥の空間の何らかの異常が原因と言われております。

特に[内耳循環障害説]が有力とされており、内耳への血液循環がうまくいかず、栄養されないために機能がうまくいかず、突発性難聴になってしまうというものです。

これらを引き起こす原因で考えられるのは、血栓や内耳の出血など、あとはストレスなどの精神的なものや肉体疲労などもあります。

 

突発性難聴になると改善までに時間がかかるため、その前に食い止めることも大切です。

これらの症状が出た場合は注意が必要です。

 

突発性難聴の前兆

●耳のつまり感がある

●聞こえが悪くなった

●耳鳴りが聞こえる

●耳の下や後ろあたりが痛む

●強いストレスを感じている

 

突発性難聴は、発症後2週間以内に何らかの治療を施すことにより、症状の改善する確率がとても高くなると言われております。また、発症前でも治療することで予防が可能となっております。

 

突発性難聴は急に聞こえが悪くなる症状でありますので、何か耳に異変が起きた場合は、当院にご相談ください。

また、時間が経ってしまった症状でも緩和することは可能です。諦めずにご相談ください。

症例報告:突発性難聴、耳のつまり

2017.11.17 | Category: 症状別,耳鳴り 難聴,自律神経失調症,鍼灸

30代女性、急な聞こえの悪さと耳のつまりが出た。

1ヶ月間、病院でステロイドの点滴と薬の服用をしていたが、医師からもう治らないと言われ、インターネットで調べて当院に来院。

問診時にお話を詳しく聞くと、出産されて育児や引越しなどの疲労が重なったタイミングで症状が出てきたということ。

 

自律神経と首肩周り、内臓の動きをよくするためにお腹周りの治療を行う。

七回目にはだいぶ聞こえがよくなり、医師も驚いていたそう。

 

突発性難聴は主な原因としては、何らかのストレスによって引き起こされると言われている。

そのストレスにより自律神経が乱れ、首肩周りのコリが出て、耳の血流が減り発症すると言われている。

 

病院での治療としては、ステロイドの薬や点滴、ビタミン剤などを飲みながらの経過観察にとどまるため、発症後もあまり改善が見られないことが多い。

当院では鍼灸治療をメインに行っているため、自律神経の治療や首肩周りの治療、耳への血流改善などお身体を全体的に見させていただき、体の崩れたバランスを調整していく治療を行い、うまく改善した例。

症例報告:四十肩・自律神経失調症

2017.11.16 | Category: 症状別,耳鳴り 難聴,自律神経失調症

四十肩の痛みによる自律神経失調症

 

最初は肩の痛みがあり、次第に肩が上がりにくくなってきた。だんだんよる痛みが出てきて、睡眠が取れなくなり病院に受診。

痛み止めと睡眠導入剤を出されたが痛みも不眠も解消せず、当院に受診。

 

当院では四十肩の症状の場合は脇と肋骨、腕周りが施術ポイントになるため、横向きで施術。

一回目の施術後には肩が20度しか上がらなかった状態が80度まで上がるようになった。

その晩もいつもよりスッキリと睡眠が取れたということ。

 

二回目以降も同じ施術ポイントに施術し、自律神経の調整のために首や肩甲骨周りのツボも追加し施術。

三回目の受診の際には不眠の症状もすっかり取れ、痛みも8割以上和らいだということ。

十回の施術により完治したため、施術を終了した例。

 

この方は、肩の痛みによるストレスで自律神経の乱れが起きてしまい不眠症状が出て、より痛みが増してという負もスパイラルに陥ってしまった方です。

痛みの治療と同時に自律神経の調整をおこない、不眠症状を取りながら痛みを緩和していき、症状が早期に改善した例でした。

 

自律神経症状は、いろいろな原因から引き起こされることが多く、仕事環境のストレスや人間関係、コリや痛みなどその方によります。

その原因を突き止めることが早期改善につながります。

この方は痛みが引き起こした例なので、痛みの治療を優先的に行いました。

症例報告:突発性難聴

2017.11.16 | Category: 症例,耳鳴り 難聴,自律神経失調症

突発性難聴について

 

20歳女性、実家から離れて暮らしていたが、仕事のストレスにより急に耳が聞こえなくなり実家に戻ってきたため、近隣である当院に来院。

1年前からまったく音が聞こえなくなり、問診も筆談しながら行う。

 

病院では、2週間のステロイド薬処方のみで、症状は変わりなかった。

当院では首の動きや脈を見ながら、どこが悪いために難聴になってしまったのか判断する。

 

この方は、首の動きで耳の子守間の変化があった方なので、首回りに原因があると推測。

首回りには耳につながっている神経や自律神経のツボなどもあり、突発性難聴の時には首の治療はとても大切になる。

一回目の治療後には何も変化がなかったが、二回目来院時にはテレビの音が聞こえるようになったとのこと。

継続的に六回ほど治療を行い、完治した症例です。

生活指導としては、大きい音を聞かない、首回りを温めるなど。

 

この方は最初の診断がうまくいった例であり、首回りの治療がしっかりと効いた方でした。

全ての方が首が原因ではなく、体を全体的に見させて頂かないといけない場合も多いです。

 

1年前の難聴でしたので長くかかるかと思ったが、年齢的なものもあり早急に改善した例でした。

耳鳴り・難聴|宇都宮整骨院/鍼灸院

2017.10.26 | Category: 症状別,耳鳴り 難聴,自律神経失調症

当院では、耳鳴り難聴の症状の方が多くいらしていただいております。

 

耳鳴り難聴は原因があるものも少なく、病院では何が原因かわからないから治療のしようがないと言われてしまう方が多いです。

 

そんな方に少しでも力になれればと耳鳴り難聴の治療を始めました。

治療を始めたところ、とても悩まれてる方が多いです。

聴力検査で数値がとても悪く、症状も出ているのに、原因がわからない。

ご本人にとっては、とてもお辛いと思います。

 

耳に異常がないのであればどこに異常があるのか?

 

首なのか?肩なのか?それだけではありません。

当院では東洋医学の考えを取り入れ、脈とお腹を見させていただき、体のどこが悪いのかを判断し、治療を組み立てていきます。

 

当院では、他院様と違い痛い場所のみに治療するのではなく、しっかりとした問診と、問診により組み立てた考えによる治療を行うことで、本当に悪い場所がどこなのか、どこを治療すると良くなっていくのかを見させていただいております。

 

多くの悩みを持つ患者様の手助けになれればと思っております。

当院へのアクセス情報

所在地〒321-0112 栃木県宇都宮市屋板町1085-1
駐車場8台あり
電話番号028-307-4563
予約予約優先制(電話予約)
休診日水曜午前・日曜・祝日