お電話からのお問合せ

めまい・耳鳴り・突発性難聴

2017.11.17

当院にご来院中の突発性難聴の患者様の症例です

30代女性、急な聞こえの悪さと耳のつまりが出た。

1ヶ月間、病院でステロイドの点滴と薬の服用をしていたが、医師からもう治らないと言われ、インターネットで調べて当院に来院。

問診時にお話を詳しく聞くと、出産されて育児や引越しなどの疲労が重なったタイミングで症状が出てきたということ。

 

自律神経と首肩周り、内臓の動きをよくするためにお腹周りの治療を行う。

七回目にはだいぶ聞こえがよくなり、医師も驚いていたそう。

 

突発性難聴は主な原因としては、何らかのストレスによって引き起こされると言われている。

そのストレスにより自律神経が乱れ、首肩周りのコリが出て、耳の血流が減り発症すると言われている。

 

病院での治療としては、ステロイドの薬や点滴、ビタミン剤などを飲みながらの経過観察にとどまるため、発症後もあまり改善が見られないことが多い。

当院では鍼灸治療をメインに行っているため、自律神経の治療や首肩周りの治療、耳への血流改善などお身体を全体的に見させていただき、体の崩れたバランスを調整していく治療を行い、うまく改善した例。

メールでのお問い合わせ