お電話からのお問合せ

鍼灸

2018.07.12

坐骨神経痛に対しての針施術について

坐骨神経痛の症状について

腰痛を経験された方には、痛みやしびれがおしり〜太もも〜足先まで感じたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
これは、腰か足に走る坐骨神経痛の症状です。

坐骨神経痛は人体の中で最も太く長い神経であり、脚の感覚や運動を支配しております。坐骨神経痛は、腰から足先までの走行上で筋肉による圧迫、神経の障害などが原因で発症します。

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群というような診断名がつくことが多いです。

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は病名ではなく、症状に対しての総称であり、その原因は様々です。

「病院でレントゲンやMRI検査で骨と骨の間が狭くなっている」と言われたという患者様が多く見られますが、画像診断で明らかに原因が特定できる場合もありますし、そう出ない場合もたくさんあります。

実際は画像診断と症状が一致しないケースも多く、皆様声を揃えて、薬を出されたが痛みやしびれが良くならないとおっしゃり、当院に来院されます。

 

坐骨神経痛に対して当院の治療方法

当院の治療としては針治療で神経の循環を良くし、骨盤矯正で筋肉や関節の調整をし、神経を圧迫している筋肉を緩めていきます。
特に針施術は痛みが出ている部分の血流をよくする効果があり、即効性もある施術ですのでオススメです。

足の痛みやしびれが続いている、薬を飲んでいるが良くならない、そのような方はぜひ当院の施術を受けてみてください。

 

針施術により坐骨神経の血流をよくし、痛みやしびれを軽くさせることができます。わたし自身も坐骨神経痛を経験した際に1回の針施術ですっかり痛みがなくなったことがあり、針の素晴らしさを身を以て体験しました。

当院では、施術により症状が改善してからも、今後症状が起きにくいような日常生活での姿勢や動作などの指導もさせていただいております。

お困りの際は当院にお問い合わせください。スタッフ一同お待ちしております。

 

宇都宮整骨院/鍼灸院 佐藤

メールでのお問い合わせ