お電話からのお問合せ

腰痛

2017.06.30

圧迫骨折後の腰痛について

圧迫骨折後の腰痛

 

1年前に来院された患者様でが久しぶりに来院されました。

この方は施術中に少しの刺激でも強い痛みが来るとおっしゃっていたので、病院への来院を進めたところ、思った通り圧迫骨折でした。
 

圧迫骨折は通常の腰痛やぎっくり腰となかなか見分けがつかず、時間が経ってしまっているものだとそのままわからずに施術を継続してしまうことが多いです。」圧迫骨折の特徴的なものとしては、高齢の方、骨密度が低い方、まっすぐに腰を伸ばせない、少しの刺激でも激痛が走り施術後の効果もあまり出ない。

これらでも鑑別するのは難しいため、後は施術者の経験がものを言うと思います。

 

この方にそのまま施術を継続して行っていた場合はどうなっていたでしょうか?

症状の見落としほど怖いものはありません。

教科書上でいくら勉強しても、その通りにはなく、やはり経験がものをいうと考えております。

 

しっかりとした判断で症状の説明をできる施術者こそ、本物だと考えております。

私もまだその域には達してはないと思いますが、この経験がとても大切に感じました。

1年後に来院していただき、『あの時に病院に行くことを勧めてくれてありがとう』という言葉こそが本当に嬉しかったです。

病院には病院の、整骨院や鍼灸院にはそれらの役割があると思います。

役割を果たしてこその治療院ですので、これからも地域の皆様に選ばれる治療院にしていきたいと思いますので、何かお体の不調がありましたら、お気軽にご相談ください!

メールでのお問い合わせ