お電話からのお問合せ

椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアは、坐骨神経痛の中でも多い原因の多い一つと言われております。
椎間板の一部が後方に飛び出し、周りの神経を圧迫することで神経痛をきたす症状です。ヘルニアは、首にも腰にも出ます。
多い年代としては、10代〜20代の方に多く、スポーツをしている方に多いです。

首のヘルニアでは主に首周辺の痛みと手のしびれや力が入らなくなる症状などの症状が起き、腰のヘルニアでは、腰やお尻の痛みとお尻から脚の痺れがおきます。

ヘルニアがどの部位で起こっているかによりしびれや痛みの出る場所が変わります。

椎間板ヘルニアの原因

多くはスポーツなどで動くことが多い若年層の方に見られます。
特に成長期で骨が出来上がっていない頃に無理な練習で椎間板に負担がかかることでヘルニアになるケースが多く見られます。成長期には適度な練習量とケアが必要になります。そうでないと、その時は大丈夫でも将来的に
ヘルニアになってしまうことがあります。

また、腰に負担のかかる壮年期の方にも見られることが多く、重いものを持つ方や、座りっぱなしの方でもなることがありますので、一概に誰がなりますとは言えないのが現状です。

椎間板ヘルニアの治療

ヘルニアが出ている部分を特定し、圧迫されている神経に対して炎症を抑える治療をしていきます。
病院などでレントゲンやMRIなどの画像診断をしてもらうと原因となるヘルニアの部分が見えますので、まずは画像診断をしていただくことをお勧めしております。
坐骨神経痛と同じ治療にはなりますが、鍼灸治療を主に行い、神経に対しての治療を行います。
また、骨盤の歪みがある場合は、痛みが緩和してきたら骨盤矯正も行い、背骨を整えていきます。

よくあるご質問

椎間板ヘルニアになったら手術しないといけないの?

レントゲンやMRIなどの画像診断で、医師から「ひどいヘルニアなので手術をした方が良いですよ」と言われる場合があります。
何十何百という症例を見てきている医師の判断であれば手術はした方がいいかもしれません。

しかし稀に、症状がひどいということを伝えると、「そんなにひどいんだったら手術しますか?」みたいな言われ方をする場合もあるみたいです。
その場合は注意してください。
医師としては手術適応ではないという判断だけど、患者さんからそんなに辛いと言われたら手術してみるかくらいの感じなので、そこは踏みとどまってください。
完全に手術の適応になる状態としては、「膀胱・直腸障害」と言われる症状が現れている場合です。
尿や便が出にくくなったり逆に出過ぎてしまうなどの膀胱・直腸障害が出ている場合は、私たちのような鍼灸などでの適応にはなりません。

椎間板ヘルニアで牽引や電気治療などは効果あるの?

整骨院や整形外科では、手術以外の方法で保存療法という治療方法があります。
保存療法とは、電気治療、マッサージ治療、牽引治療、薬での治療、注射など、手術以外の治療のことをいいます。
当院で行なっている鍼灸や骨盤矯正などの治療も保存療法の一つになります。

では、保存療法はヘルニアなどの坐骨神経痛には効果的なのか?
正解は、効果のあるものとないものがあります。
特に電気治療と牽引の治療はあまり効果のない治療法です。
電気治療では、皮膚表面に対しての刺激が大きく、神経に対しての治療とはなりません。
また、牽引治療では、引っ張ることにより椎間板には良いかと思いますが、逆に神経を傷つける可能性があり、悪化するリスクもあります。

この中でも効果のある治療は、注射と鍼灸ではないでしょうか。
注射は、ブロック注射といわれるもので、痛み止めの注射となります。腰やお尻に注射をし、痛み止めを体内に注入します。根本的に治るものではありませんが、有効的でしょう。
また、鍼灸では、ヘルニアの部分や周りの神経に治療することで、ヘルニアが小さくなったり痺れがなくなることはとても多くもられます。
根本治療として有効的です。
もしヘルニアと診断され、手術が嫌な場合は、鍼灸またはブロック注射を行なってください。

椎間板ヘルニアにならないためにはどうしたらいいの?

ヘルニアになりやすい方、なりにくい方の差としては、遺伝的な要素と腰への負担量が考えられます。
遺伝的要素は学会などでも発表されており、遺伝は関係するといわれております。
(参照: 腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン

当院でも、ご両親のどちらかがヘルニアの場合、お子様もヘルニアのことが多く見られます。
遺伝的要素の場合でも、腰への負担を減らすことでヘルニアになることを防げます。
重いものを持つ時の姿勢、同じ姿勢を続けないなど、極力腰への負担を減らす生活を心がけてください。

椎間板ヘルニアの痛みを抑えることは自分でできますか?

ヘルニアの場合は前に屈むときにヘルニアがより後ろに出てしまい、痛みが強く出てしまいます。
ヘルニアの場合はなるべく前かがみにならずに、腰を反るようにしていた方が楽になります。ただし、良いからといって反る姿勢を続けてしまうと、違う痛みが出てしまう可能性がありますので、注意してください。

椎間板ヘルニアとギックリ腰の違いは?

椎間板ヘルニアとギックリ腰の大きな違いは、
① お尻や足にしびれが出ているかどうか
② 2週間くらいで症状が治るかどうか

です。

ヘルニアの場合は、椎間板の圧迫による神経症状が出ることが特徴的ですので、しびれがあるかどうかで判断します。ギックリ腰は筋肉や関節の炎症なので、神経はあまり関係ありません。
初期の痛みはどちらも強い痛みです。ギックリ腰の場合は程度にもよりますが、2週間くらいで自然治癒することも多いです。しかし、ヘルニアの場合は1ヶ月経っても症状が収まらず、さらに痛みやしびれが強くなることがあります。原因の違いはありますが、初期の症状は似ていることもあり判断が間違えることも多い2つの松寿ですが、しっかりと細かく問診することで判断を間違えずに済みます。

椎間板ヘルニアと診断されても症状がない場合はありますか?

あります。
ヘルニアでは必ず神経を圧迫することはなく、神経が圧迫されていなければ症状も出ません。
また、症状が出ていても、腰痛がなくお尻と脚の痺れだけというケースも多く見られます。
症状が出ていない段階では治療というよりも予防目的で骨盤矯正などの治療を受けることをお勧めします。

椎間板ヘルニアになってから運動してもいいの?

基本的に痛みが出ている時の運動は控えてください。
特にヘルニアでは、前かがみの動きが悪化する要因のため、前かがみになる腹筋運動は特に控えてください。
スクワットなど腰に負担のかかる動きもヘルニアが悪化してしまうので、やめてください。

椎間板ヘルニアでお困りの際は、当院にお越しください!

ヘルニアと診断されてしまった。ヘルニアで手術をしようか迷っている。
時間の経過とともに慢性化し、治りにくくなってしまいます。
どうしたら良いかわからない、手術をしようか迷っている時、ヘルニアの治癒例が何十例もある当院にご相談ください。
自己判断での運動などは本当におやめください。

メールでのお問い合わせ