お電話からのお問合せ

腰の痛みの施術

慢性腰痛について

みなさん、腰の痛みでお悩みではありませんか?
当院に来院される患者様で一番多いのは腰の痛みなんです。

「朝起きたら腰が痛くてしばらく起き上がれなかった…」「腰が痛くて仕事に集中できない…」「運転が長くなると腰が痛くなる」「前かがみが辛い…」など。

また腰の痛みに悩んでマッサージに通ってるけど、一向に良くならない…という方もとても多いです。腰の痛みには様々な原因があります。
痛みの原因を突き詰めて、症状にあった施術をしないと良くなりません。
施術法を間違えると症状が悪化するということもあります。

私は過去に3万人以上の腰の痛みの患者様を施術してきました。
どう施術していけば痛みが緩和されるか、施術方法を日々研究し改良した結果、たくさんの患者様に症状が良くなったと言っていただきます。
ここでは私の経験の元に腰の痛みの原因や当院の施術方法、実際の改善事例について詳しく解説していきます。
患者様の症状が少しでも緩和されれば嬉しく思います。

腰の痛みを抱えている方が多い理由

現代の生活習慣ではデスクワークが増え、座り仕事が多くなっております。
座っている姿勢では、上半身 を支える重心が腰になるので、上半身の重さを全て受けてしまい、負荷がかかります。
また、デスクワークが増えることで体を動かすことが減り、下半身の筋肉が衰えて歩く時などに下半身の筋肉での支えが効かなくなることにより骨盤が歪むことで腰の痛みになります。

当院の腰の痛みの施術方法

当院の腰痛の治療方法

上記に挙げたような原因の中で、どの原因に当てはまるかの問診を行い、導き出された原因に対して治療を行います。
原因となる特定の筋肉や関節を動かしたり指で押したりする検査を行い、痛みが出るか判断します。

痛みが出た筋肉や関節に対して、整体、鍼灸、矯正の中で最適な施術を選択します。
整体、鍼灸の場合は主に腰回り、背中、脚に対してマッサージと鍼を中心に施術を行い、血流を良くしていきます。
矯正では、背骨を支えている骨盤を中心にどのように歪んでいるかを判断し、歪みに対して矯正を行います。

腰の痛みにならないためにはどうすれば良い?

姿勢に気をつける

1. 座る姿勢の時は、背中を丸めずに背筋を伸ばし、椅子に深く腰掛ける。
(パソコン作業を行う際は、机と椅子の 高さがあっているかを確認してください。)

2. 物を持つ時は急にしゃがみ込まず、ゆっくりとした動作で行う。
持ち上げるときも、物を体にしっかりとつけ、 手だけではなく体全体で持ち上げるようにする

3. 同じ姿勢を続ける時は30分程度を意識し、こまめに体勢を変える

4. 寝る時は、仰向けで膝の下にクッションを入れて膝が曲がるようにして寝る。
(横向きの場合は抱き枕などを使うと良い。 )

腰の痛みに関するよくあるご質問

Q. 温めたほうがいい? 冷やしたほうがいい?

痛みが出てから2週間以上経った腰の痛みに関しては、原則温めたほうが良いです。
時間が経てばたつほど血流が悪くなり痛みが出やすくなりますので、血流をよくすることで痛みが緩和してきます。
ギックリ腰など急に痛みが出たものに関しては、炎症が起こっておりますので冷やしたほうが良いです。
炎症が 起こっている状態で温めてしまうと、炎症が強くなり、痛みがさらに強くなってしまいます。

Q. マッサージは効果的なの?

筋肉性の腰の痛みや、筋肉の疲労が原因のものに対しては効果的かと思います。
マッサージやもみほぐしの意味合いとしては、施術というよりも慰安(リラクゼーション)の要素が強いため、リラックス目的で行うと良いでしょう。

Q. 骨盤ベルトやコルセットはつけたほうが良いの?

常に前屈みで仕事をされている方などは、腰の痛みの予防につけると良いです。
また、痛みで動くのが辛い場合も骨盤を固定し安定させることでサポートの役割を担ってくれるので、つけたほうが楽に動けます。
しかし、常につけていることで周りの筋肉が弱ってしまう恐れがありますので、寝るときや動かない時などは外していただき、なるべく動く時だけにしてください。

Q. 朝起きるときに腰が痛いのはなんで?

朝だけ腰の痛みがあるという方もいらっしゃると思います。
朝の腰の痛みの特徴としては、痛みで10分くらい動けず、少ししたら動くことができるという状態が多いです。

朝起きたら腰が痛くなる原因

寝ているときに冷えてしまっての痛み

寝ているときは、体の体温を維持する機能が一番下がり、体温が低くなります。
その状態で布団を被らなかっ たりお腹を出して寝ているなどでさらに冷えてしまうことで、腰への血流も悪くなり、筋肉が硬くなることで朝の痛みが出ます。

寝ている姿勢が良くない場合

腰の痛みに良い寝方としては、横向きで寝るか、仰向けで膝の下にクッションを入れて膝が曲がるようにして寝るかのどちらかが良いです。
特に横向きの際は、抱き枕を使い寝ることで腰への負担を緩和させます。
また、寝返りを 打たないことも血流が悪くなる原因にはなりますので、寝返りが打ちやすくすることも大切です。

敷き布団(マットレス)が合わない場合

基本的に、低反発マットレスなどは柔らかすぎて沈み込んでしまうため、腰痛の場合はオススメしません。
ただ、硬すぎるところも良くないので、沈み込まないけど硬すぎないマットレスなどを選ぶことが大切です。

腰痛には腹筋を鍛えるのが良いって本当?

腰痛には腹筋を鍛えるのが良いって本当?

「腰の痛みには腹筋を鍛えなさい!なんてよく聞きますが、本当でしょうか?」という質問をよく受けますが、これは本当です!腹筋は鍛えたほうが良いです。

しかし、腰の痛みになってからでは遅いんです。
腰の痛みになる前の予防策として、腹筋をきたえると腹圧(お腹の中の圧)が高まり、背骨を安定させます。
腰の痛みになってからでは痛みにより腹筋運動を効果的に行うことは難しく、鍛えようとしてもなかなか鍛えられないという効率が悪くなります。

腰の痛みの場合にどんな姿勢でいれば良いの?

強い痛みがある場合は、痛い方を上にして横向きで寝ている姿勢がベストです!
腰に一番負担のかからない姿勢が横向き寝です。
では、座る姿勢で一番良い姿勢はというと正座です。
正座は骨盤と背骨のバランスが良く安定 感が高い姿勢です。
あぐらや横に足を出して座る姿勢などは腰の痛みの原因になります。

また、座っている姿勢よりも 立っている姿勢の方が腰に負担は少ないです。
人間の体は重力に対して重心を支える点がいくつかあり、立っている時の方が座っている時よりも重心を支える点が多くなるので、同じ力がかかっても分散されるために立っている 方が腰痛には良いと言われております。

病院で異常なしと言われたが痛みが場合の対処法

腰の痛みで病院の診断を受けた場合、レントゲンやMRIなどの検査で異常が見られない場合は異常なしとなります。
特に筋肉性の 腰の痛みなどは画像診断ではわからないことが多いため、多くが異常なしと診断を受けます。

しかし、患者様は痛みを感じていることが多いため、どうしたら良いかわからないことが多いと思います。
その場合は、私たちのような整骨院や鍼灸院がとても有効です。

画像診断ができない分、手の感覚や体を動かしながらの検査を行うため、筋肉性の腰の痛みという判断が多く治療経験も豊富です。

当院で腰の痛みの施術を行なった方

腰痛の治療を行なった患者様の症例

この方は、腰の痛みがひどく娘さんに連れられて来院されました。
最初は針が怖いとおっしゃっていましたが、痛みが取れるならということで頑張って受けていただきました。
腰の痛みのために外出もしたくない、何もしたくないというか方も多いと思いますが、この方もそうでした。

まずは腰の状態を見ながら、関連しているであろう足のツボに針を行い、続いて腰にも針を行いました。
針を打ち10分ほど時間を置き、抜いてから動いていただくと、きた時よりも動きやすいと感動されました。

針には鎮痛効果が高いため、初回の施術後すぐに効果が感じていただけます。
また、1日後に体の変化が出やすいため、次の日にもまた痛みが変わりやすいです。

宇都宮で腰の痛みにお悩みの方は当院の施術を受けてみてください。

腰の痛みの施術を受ける場合、いろいろな選択肢が出てくると思います。
「安静にする」「湿布を購入して様子をみる」「マッサージに行く」「整骨院に行く」「病院に行く」「手術をする」など。
どれも金額も違いますし、かかる時間も違います。
時間がかかってもいいからお金はかけたくないのか、お金は少しかかってもいいから時間はかけたくないのか。
本当に治したいのか、少しだけ良くなればいいのか。それによっても選択肢が変わってくると思います。

当院に合う方としては、本当に治したい方で、自分のお体に投資できる方です。
安く保険で施術を行うところとは違い、自費なので金額も違います。

しかし、施術内容などは他と比べても優れています。
手術を受けようか迷っている方が受けなくて良くなったり、長年悩んでいた腰の痛みが良くなったりと、日々当院で起こっている事です。

あなたもいち早く、当院の施術を受けて、腰の痛みから解放されませんか?
当院の施術を一度受けてみてください。

メールでのお問い合わせ

腰痛コラム