お電話からのお問合せ

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛について

坐骨神経痛の治療

腰は5つの腰椎と言われる骨で形成されており、その下には骨盤である仙骨という骨があります。
骨と骨は関節という形で繋がっており、関節の間には神経が通っております。神経は、体を動かしたり、感覚を感じたりする役割がありますが、この神経がなんらかの形で圧迫されたり、触れてしまって炎症が起こることにより、神経痛が発症します。神経痛の症状のとしては、しびれ感、痛み、違和感、重だるさ、熱っぽい、冷え、チクチク感など、様々な感覚として現れます。特に多い腰の坐骨神経痛は、腰〜お尻、太ももの後ろ〜ふくらはぎ、足先にまで出る場合があります。

坐骨神経痛とは、腰〜脚にかけての放散する痛みや痺れの総称と定義されております。
(引用 日本整形外科学会)

坐骨神経痛の原因

椎間板ヘルニア

一番代表的な原因としては、椎間板ヘルニアです。
腰の骨の腰椎の間には、体に負荷がかかった際にクッションの役割をする椎間板があり、椎間板の中にあるゼリー状の髄核という部分が、なんらかの理由で後ろに押し出され、後ろにある神経を圧迫することで神経痛を起こします。
椎間板ヘルニアの症状としては、腰痛はあまりなく、お尻〜脚の痛みやしびれが強く出ることが特徴で、座っている姿勢や立っている姿勢、どんな姿勢でも痛みが出て来てしまうほど痛みやしびれが強く出ます。

この症状は若い方の出やすく、10代〜20代の方が多く発症します。
椎間板ヘルニアの場合は、レントゲン検査をすると診断されますので、まずは診断を受けていただくことをお勧めします。
この際に、病院側では手術の適応かどうかの判断をされ、薬で様子をみるか、手術をした方が良いかの選択に迫られます。
ここは自己判断にはなりますが、まずすぐに手術はせずに、薬や注射、または当院で行うような鍼灸や骨盤矯正などの治療で良くなるか様子をみることが優先となります。
手術しなければならないほどの症状になるまでに、痛みが強い状態の時がありますので、その時点でなんらかの治療を行うことで、酷くはなりませんので、早めに治療を受けてください。

腰部脊柱管狭窄症

腰椎の関節の間から神経が出ているというお話はしたと思いますが、その神経を出してある大元である脊髄を包んでいる管である脊柱管という部分があります。この脊柱管がなんらかの理由で狭くなり、神経を圧迫することで脊柱管が狭窄され、神経症状が出ます。このなんらかの理由の多くは老化と言われており、50代以上の方に多く見られる症状です。老化により背骨の変形が起こることで、脊柱管が狭くなります。

脊柱管狭窄症の症状の出方の特徴としては、間欠性跛行と言われるものがあります。
少し歩くと痛みやしびれが足やお尻に出てしまい、前屈みで休むとこの症状が改善し再び歩くことができるようになるという症状です。その症状を繰り返すことが多いので、長く症状が続くことで歩くことが困難になります。早めに治療をお願いいたします。

筋肉性の坐骨神経痛

代表的な症状は、梨状筋症候群です。
梨状筋とは、骨盤の中心にある仙骨から足の大腿骨のかけて伸びている筋肉です。
この筋肉が硬くなることで筋肉の下に通っている坐骨神経を圧迫することで坐骨神経痛が出ます。

症状の出方としては、座っているときに梨状筋を圧迫することにより出ることが多いほか、押したりした時、症状が出ている側の足を逆側の足の方にねじったときなどに出やすいです。この症状でも、腰の痛みよりもお尻〜足の痛みやしびれとして出ることが多いです。

椎間関節性の坐骨神経痛

腰椎の間の関節を腰椎椎間関節と言いますが、この関節が老化による変形や姿勢により間が狭くなることで神経の通り道が狭くなり、神経を圧迫し坐骨神経痛が起こります。

当院にはこの①〜④の坐骨神経痛の症状の方がみなさんいらっしゃっておりますので、この①〜④では当院の治療の適応になります。

当院の治療について

基本的には鍼灸の治療を行います。
鍼灸の効果としての炎症を抑える効果と痛みを抑える効果が坐骨神経痛との相性が良いため、まずは痛みと炎症を抑える治療をしていきます。原因となる症状があれば、その原因である関節や筋肉に対して鍼灸を行います。
痛みが少なくなってきたところで、根本的な原因である姿勢に対して矯正治療をすることで、痛みがより緩和し、痛みが出にくくなります。

よくあるご質問

坐骨神経痛は運動したほうがいいの?

坐骨神経痛などの痛みがある場合は、基本的には痛いところは動かさないほうがいいです。
痛みがある=体からの動かさないでのサインなので、運動は控えるべきでしょう。
しかし、腰に負担の少ない運動であれば行ったほうが良い場合があります。
上半身の筋肉を鍛える運動や、ウォーキングなどで痛みが出ない場合などは、足の筋肉の衰え防止になりますので、ぜひ行ってください。
運動の途中に痛みが出てきた場合はすぐに運動を中止してください。

坐骨神経痛は治るの?

坐骨神経痛を患っている方はとても多いです。
その中でも自然と放っておいて治っている方はほぼいないでしょう。
神経痛は、筋肉痛やこりや張りなどがとても酷くなることで起こりますので、治るまでに非常に時間のかかる症状です。

当院でも最短でも5回は必要となり、長くかかる方は半年や1年以上かかる方も中にはいらっしゃいます。
しかし、根気よく諦めなければ治らない症状ではないですので、当院に通院されている方にも諦めずに頑張りましょうと伝えています。
何回か治療して治らないから諦めていると、本当に治りません。難しい症状になればなるほどお互いの信頼関係と頑張りが必要となります。

坐骨神経痛になった時に自分でできることは?

基本的に改善するという目的では、自分で行えることはあまりありません。よく坐骨神経痛を改善しますという形でメディアなどで体操をやっていますが、あれは一例であり、全員に効果はありません。逆にやることで悪化する場合が多く、当院にもテレビで坐骨神経痛に良いと体操をやっていたからやってみたら悪化してしまったという方がたくさんいらっしゃいます。

自己判断で体操などを行うと良くも悪くも変化しますので、もしやる場合は気をつけてください。坐骨神経痛の時のセルフケアとしては、まずは悪化させないという観点で、冷やさない、痛い姿勢をとらない、痛い動きをしない、同じ姿勢を30分以上続けないことに気を使い、まずは悪化させないようにしましょう。

太ももの前側が痺れるんですが、坐骨神経痛ですか?

腰に原因があり脚が痺れる症状は、基本的には坐骨神経痛の一種です。太ももの前側の痺れは、正確には大腿神経痛と言います。
坐骨神経痛は、腰の何番目の神経が圧迫されているかにより、しびれの出る場所が変わります。
腰の5つの骨の2番めと3番めの骨の間から出ている神経が圧迫されることにより、太ももの前側〜すねのあたりにしびれが出ます。
3番めと4番めの場合は太ももの外側〜すねの外側が、4番めと5番めの神経の場合は太ももの後ろ側〜ふくらはぎの後ろがしびれます。

腰に原因がある場合は、足先に出るしびれも、足裏のしびれも、すべて坐骨神経痛と言えます。

レントゲンやMRIで以上なしと言われたけどしびれがある場合でも、坐骨神経痛ですか?

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症など背骨に原因のある症状は、レントゲンやMRIなどの画像診断でわかる場合が多いですが、筋肉性の坐骨神経痛はわからない場合が多いです。
腰痛と同時に足のしびれがある場合はやはり坐骨神経痛の可能性が高いので、一度当院にいらっしゃってください。

坐骨神経痛の時にはどんな姿勢が良いですか?

坐骨神経痛の場合は、椅子に座る姿勢や前屈み、腰を反る動きは控えるべきです。
これを踏まえて、楽な姿勢としては、正座、しびれが出ている方を上にして横向きで寝る(抱き枕を使用してください)、仰向けで膝を立てて寝る(ひざ下にクッションを入れると良い)です。

お尻だけ痛くて足が痺れていないのは坐骨神経痛ではないの?

お尻や脚にしびれがない症状は、坐骨神経痛とは言いません。腰痛の一種で、骨盤の歪みである仙腸関節炎や筋肉性の腰痛と考えられます。

坐骨神経痛かな?と感じたら、当院にご相談ください!

腰痛がひどくなると坐骨神経痛になる可能性が高いので、まずは腰痛の段階で症状の進行を止めることが大切になります。もし、腰痛を我慢してしまい坐骨神経痛が出てしまった場合でも、遅くはありませんので、当院にご相談ください。坐骨神経痛と鍼灸の相性は良く、早期改善が見込めます。鍼灸が怖い方は、骨盤矯正でも治療はできますので、まずはご相談ください。

メールでのお問い合わせ