お電話からのお問合せ

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の治療

ヘルニア、骨の変形、筋硬結など様々ですが、根本的な原因は、骨盤や骨盤の関節である仙腸関節、殿部の筋肉のバランスの崩れと言われております。
腰痛の重症のものが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になりますので、歪みもとても強いです。

症状の種類

  • 神経根圧迫型
  • 椎間板ヘルニア
  • 梨状筋症候群

神経根圧迫型

運動を激しく行った際や、加齢により発生することが多いです。
座骨神経の付け根が腰椎の変形、牽引や周りの筋肉の異常により神経を圧伏している状態。
腰痛とともに足の痺れが出ます!

椎間板ヘルニア

スポーツを激しく行った際の10代の方に多く見られます。
ヘルニアは、高齢者のものと思われがちですが、実際は10代〜20代の若い方がとても多いです。
腰の関節の間にある椎間板が飛び出してしまい、神経を圧迫しているもの。腰痛は少なく、足のしびれや痛みが強い。

梨状筋症候群

おしりの筋肉により座骨神経が圧迫されているもの。
主におしりの筋肉が引き伸ばされた状態でおしりと足の痛みが出る。

当院の施術法

BMNコンビネーション施術

当院の施術法であるBMN施術では、神経の炎症により痺れが出ている部分を鍼灸により神経の炎症を抑え、骨盤矯正によりゆがんだ骨盤や股関節を正しくし、姿勢のバランスをよくしていきます。
痺れや痛みが太ももの前側に出ているのか、後ろ側なのか、それとも外側なのか。出ている部位によって原因となっている筋肉や関節、神経が違い、施術ポイントも変わってきます!

坐骨神経痛は慢性化するにつれ、とても治りにくくなってしまいます。
座骨神経痛でお悩みの方は、宇都宮整骨院/鍼灸院へご相談ください!
当院の坐骨神経痛施術は完全予約制の自費施術となります。

メールでのお問い合わせ