お電話からのお問合せ

自律神経の乱れ(不眠・吐き気・冷え等の悩み)

ストレスによる自律神経の乱れ

こんなお悩みありませんか?

  • 不眠で悩まされている
  • 最近ストレスでずっとイライラしている
  • 嫌な人に会うと吐き気がする
  • 手足の冷えが昔よりひどくなった
  • いろいろなことが不安で仕方がない

これらの悩み、当院にお任せください!

当院は宇都宮市で唯一、東京大学医学部附属病院リハビリテーション部物理療法(鍼灸)部門の推薦治療院です!

自律神経が乱れるという考え方

自律神経とは

交感神経と副交感神経という2つに分けられます。

交感神経は、日中など活動する時間帯に多く働き、主にやる気を引き出します。

副交感神経は夜になると活発になり、リラックス効果を引き出します。

この2つのバランスが崩れると、日中に出るはずの交感神経が出ず副交感神経が出てしまうことで、体が重だるくなったり、やる気が起きなかったりになります。夜は逆にリラックスできずに興奮状態になってしまい不眠の症状が起こります。

自律神経の施術

この2つの神経のバランスを整えるために、当院では鍼灸施術を行います。

自律神経は、脳や背骨の中の脊髄を通っており、脳や脊髄に近い首や背中、お顔などに行うと効果的とされております。

特にお顔は脳からの神経が多く集まっており、リラックス効果も高いため、当院ではとても多くの方にお顔に施術をしております。

当院で自律神経の調整をし、ストレスによる症状から脱してください。

自律神経の乱れの原因はさまざまです。

その原因を取り除こうとしてもなかなか難しく、何年も月日が経ってしまいます。

鍼灸をうまく活用し自律神経の調整をすることで、ストレス元は無くならなくても症状は取り除くことができます。

症状がなくなれば気持ちも変わり、ストレス元もなくなるかも知れません。

気持ちの部分はとても大きいです。当院で気持ちの変化を出し、ストレスから脱却してください。

メールでのお問い合わせ